鋼管矢板圧入工法

工法概要

港湾工事や河川流域の洪水・高潮対策、橋脚の耐震補強や橋梁基礎(鋼管井筒)などに適した、高強度で耐久性の大きい鋼杭が鋼管矢板です。
杭径や板厚を変えることで、設計要求に柔軟に応えることができ、目的の異なる様々な構造物を効率よく合理的に構築することができます。

工法特長

  1. 鋼管矢板は剛性が高く、工場生産による高品質な杭材を連続して圧入するため、強固な壁体を構築することが可能。
  2. 静荷重圧入方式のため、騒音・振動などの公害を発生しません。
    また、工事影響範囲が施工システムのスペースにしか及ばないので周辺環境への影響を最小限にします。
  3. 仮設道路や仮設桟橋の設置など、仮設工事を必要としないため、最小の施工機械とシンプルな施工工程で大幅な工費の削減を実現します。
  4. 圧入機本体は完成杭をしっかりとつかむ機構のため、転倒の危険性がありません。

用途

  1. 鋼管矢板井筒基礎工事において対応可能。
  2. 護岸工事において対応可能。
  3. 道路擁壁工事において対応可能。
  4. 橋脚基礎補強工事において対応可能。

標準施工(機械配置図)

標準施工(機械配置図)

GRBシステム施工(基本機械配置図)

GRBシステム施工(基本機械配置図)GRBシステム施工(基本機械配置図)

GTOSSメンバーシップ対象工法(PDF)

施工写真

※機械の改良にともない、仕様並びに形状等予告無く変更する場合があります。

施工・工法に関するお問い合わせはこちら